KOYOMI

満月ブーケで玄関から新しい季節を迎える。

彼岸と中秋の名月が近いので、この時期の自宅用の切り花は、仏花としてもお月見にも対応したものを選んでいます。 今年の中秋の毎月は9月24日。(実際に満月を迎えるのは数日後)

いろんな赤に包まれる、秋の彼岸の過ごし方。

秋のお彼岸は、秋分の日を中日にした7日間。故人を偲ぶものだから、それぞれの過ごし方があると思います。 少し先にあちらの世界へ行った、あの人やあの子。あの世とこの世がつながる日。

【十五夜】お月見だんごを積んでみよう。

毎年、中秋の名月(十五夜)にはお月見団子をこしらえています。今年は9月24日。お月見だんごだけでなく、お彼岸やお盆のお供えだんごは漫画に出てくるみたく積み重ねて盛りたいので、しっかり固まる上新粉を使っています。

良いことが重なる日|重陽の節句をお祝いしよう。

9月9日が「重陽(ちょうよう)の節句」だと私が知ったのは近年のこと。 奇数は陽数と呼ばれ縁起のいい日とされてきて、重陽の節句は五節句のうちの一つにあたります。

お盆の迎え花|青山フラワーマーケットで、ほおずきを買って帰る。

おとといの金曜日、仕事帰りはAoyama Flower Market(青山フラワーマーケット)へ寄るを取り入れると決めていた。

テキストのコピーはできません。