良いことが重なる日|重陽の節句をお祝いしよう。

9月9日は重陽の節句

9月9日が「重陽(ちょうよう)の節句」だと私が知ったのは近年のこと。

奇数は陽数と呼ばれ縁起のいい日とされてきて、重陽の節句は五節句のうちの一つにあたります。

■五節句

1月7日:七草の節句
3月3日:桃の節句
5月5日:端午の節句
7月7日:七夕の節句
9月9日:重陽の節句

五節句の中では大きくお祝いされる事はないかもしれませんが、その昔、1番大きな陽(反対が陰)の数字が重なる日なので、9月9日は盛大にお祝いされたそうです。

 

別名 菊の節句

重陽の節句の時期は菊が見頃であるため、別名「菊の節句」ともいわれていて、日本を代表する菊の花を愛でる日でもあるのです。

菊は不老長寿の象徴であることから無病息災を願った「菊まつり」として、様々な形で愛でられてきたようです。

菊を湯船に浮かべた菊湯、お酒に浮かべた菊酒、枕に詰めた菊枕、菊に真綿を着せる菊の被せ綿…などなど。

近頃、菊は「マム」(英名)と呼ばれ、重陽の節句を楽しむ大人の女性が増えているのだとか。

かわいい桃が女の子の節句なら、しっとり落ち着いた菊は大人女子の節句ですかね。

菊の花びらの重なりのように、良いことも重なりますように。

 

季節の和菓子

そして、和菓子屋さんにも上の写真のようなかわいい菊の生菓子が並びます。

私がいつも季節の和菓子を買うのは「成城凮月堂」というお店。成城学園前駅の周辺には姉妹店がいくつかあって、私はよく「成城散歩」「あんや」を利用します。

ちなみにこちらは「あんや」店内の茶房の稲庭うどん。味付けされていない状態で運ばれて来るので、生醤油を入れて自分で味付けします。毎回入れすぎて濃くしてしまう私です。

茶房では店頭のお菓子もいただけるので、お茶と一緒に季節の和菓子もいいですね。

小田急線といえば「箱根そば」(通称ハコソバ)ですが、大人女子のランチには「あんや」の稲庭うどんもオススメです。

 

こちらの記事もどうぞ。

都市生活に花のある暮らしを取り入れる。
川越|縁結び神社「むすびcafe」の風鈴デザートがかわいい。

前の記事
テキストのコピーはできません。