ガーデニング初心者の冬のベランダ。

朝晩の冷え込みが厳しくなっていく中、わが家のベランダの植物達はとっても元気。

明日は冬至。

冬の貴重なお日様を歓迎しているように見えます。

ガーデニング初心者ではありますが、ベランダで育てている寄せ植え達をご紹介します。

 

#1

・ミニ葉牡丹(丹波の夢)
・葉牡丹(光子プレミアム)
・プラチーナ
・シロタエギク

ホームセンターで「丹波の夢」という品種の小ぶりでシックな葉牡丹に一目惚れしました。

それに合わせてスモーキーなシルバーリーフを2種類植えて、それとは対照的にツヤツヤの葉牡丹を1種類植えました。

 

#2

・ハツユキカズラ
・プラチーナ
・ローズマリー

ローズマリーは暑さにも寒さにも強く、湿気や直射日光にも耐える本当に丈夫なハーブです。

ハツユキカズラは気温が下がると紅葉するので、秋はピンク色、冬は赤く染まります。

#1と#2を植えているのは素焼きのテラコッタ鉢です。ぽってりと厚みがあって、素朴な雰囲気です。

 

 

#3

・サンチュ
・ベビーリーフミックス

野菜の寄せ植えも少しだけやっていて、4−5枚ちぎって料理にちょこっと添えると彩りが良くなります。

夏に苗を買って以来どんどん収穫できていましたが、ここへ来て勢いがなくなってきたので、さすがに冬はお休みかな。

次の夏は1mくらいのロングタイプのプランターでトマトや枝豆を育ててみたい。

野菜には木製のプランターがよく似合うと思う。

 

 

#4

・ビオラ
・パンジー

どちらも可愛らしい姿に反して、厳しい寒さに負けない強い花です。

ビオラだけの鉢にパンジーを寄せ植えしたら、ビオラの白い部分が薄紫になってきました。

 

#5

・アイビー

何もしなくてもどんどん伸びて葉を増やすので、切って水に挿して根っこが出てきたら土に戻して新たな寄せ植えに使います。

こちらのダルトンの鉢も気に入っています。

 

 
前の記事
テキストのコピーはできません。