お疲れ肌に、冷やし甘酒はいかがでしょうか。

米麹の甘酒が大好きです。夏は冷やして、冬はホットで。

砂糖は一切入っていないのに、とっても甘くて美味しい甘酒。

その上、疲労回復や美容にも一役買ってくれる日本のスーパーフードです。

海外でも「ジャパニーズヨーグルト」と呼ばれて注目の発酵食品なんだそうです。

最近では、栄養豊富なことから「飲む点滴」なんて言われていますね。

特に、女性にうれしい天然のビタミンB群・アミノ酸・葉酸・食物繊維が摂れるので、美肌効果が期待できて人気なのかもしれません。

私も、夏の肌は間違いなく疲れていると実感しています…。

メイクに汗に冷房に紫外線…。

すでに朝の通勤時、家を出た瞬間から始まっている。

バス停までの道のり、汗で崩れたファンデがバス車内の冷房で固まっている気がする。

そしてバスを降りてまた、会社までの炎天下の道のりで崩れる。…なんか、改めて文章にすると結構過酷。

甘酒で内側から労ってあげなくては。

 

信州 千日みその「あま酒」

発酵食ブームに乗って、私も何年か前から甘酒作りを始めました。

麹と米を炊飯器や保温ポットに入れて発酵させると、カンタンに自家製の甘酒が出来るのです。

しかし最近、スーパーマーケットでとても美味しい甘酒を見つけてしまい、そればかりになっていますが。

(私はTHE GARDENで買っています。)

それがこちら。

このままだとものすごく甘いので、私は豆乳+牛乳で割って飲んでいます。

このままだと、とろみとコクのある原液って感じです。

割ることで甘さを自分好みに調節できるのが気に入ってます。

1パックに3袋入っていて、1袋開けると3〜5回分くらいあるので、ドリンクタイプのものを1本1本買うよりお得なような気がします。

江戸の夏は、甘酒売りが歩いていたと聞きます。

アイスもいいけど、やさしい甘さの冷やし甘酒はいかがでしょうか。

 

こちらの記事もどうぞ。

猛暑疲れに枝豆!それを金麦のあいあい皿に盛る幸せ。

前の記事
テキストのコピーはできません。