川越|氷川神社の風鈴回廊に行ってきた。

平日に休みを取って、川越へ出かけた。

小江戸、川越。

目指すは、縁結びの神様が祀られている氷川神社。

その境内で、7月月7日〜9月9日の期間限定で行われている神事「風鈴回廊」を見てみたかったのです。

 

風鈴回廊

境内に設置された白木には2000個以上の江戸風鈴が掛けられている。

圧巻です。

ガラス製の江戸風鈴は一つ一つ手作りされたもので、音色も一つ一つ違うそうです。

風鈴には、たくさんの願いが書かれた「願いごと短冊」が吊るされていて、願いが風に乗って、音になって、神様のもとに届くという。

願いごと短冊は、初穂料500円を社務所に納めます。なお、祭事が終了した9月中旬に丁重にお祓いされた後、お焚き上げされます。

色鮮やかな風鈴とは対照的に、無色透明の江戸風鈴は本殿裏に位置していて、緑が透けてみえてとても涼しげ。

時折吹く風に、待ってましたとばかりに短冊がくるくる回ってカランカランと、一斉に鳴り出すのです。

 

恋色風鈴

写真は定期的に色が変わる「風鈴縁台」に掛けられた「恋色風鈴」。ベビーピンクが実にかわいい。

こちらの神社は夜も「恋あかり」という特別良縁祈願祭が行われています。神事です。

風鈴は幻想的な雰囲気にライトアップされ、カップルだけではなく家族や友人、大切な人と参拝したい。

 

祭神

この神社には二組の夫婦神が鎮座しており、この夫婦神は、出雲大社の縁結びの神様で知られる大己貴命(おおなむちのみこと)の両親と祖父母に当たります。

これらの神々は家族である事から、氷川神社は縁結びや家庭円満の神様として信仰されているようです。

本殿の裏には樹齢600年を越える欅(ケヤキ)の御神木が二体並んでおられます。

風鈴は9月9日まで観られるので、夏休み後半にぜひ。

 

併設されている「むすびカフェ」にも行ってきました。そのときの記事はこちら。

川越|縁結び神社「むすびcafe」の風鈴デザートがかわいい。

 

前の記事
テキストのコピーはできません。